読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大阪府、医療逼迫で初の「赤信号」…15日まで「不要不急の外出自粛」呼びかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府は3日、新型コロナウイルスの重症患者が急増している状況を受け、府の独自基準「大阪モデル」で非常事態を示す「赤信号(レッドステージ)」を初めて点灯させた。吉村洋文知事は府内の医療体制が逼迫ひっぱくしているとして、「医療非常事態宣言」を出した。

「大阪モデル」の「赤信号」が点灯し、赤くライトアップされた通天閣(3日夜、大阪市浪速区で)=浜井孝幸撮影
「大阪モデル」の「赤信号」が点灯し、赤くライトアップされた通天閣(3日夜、大阪市浪速区で)=浜井孝幸撮影

 大阪モデルでは、府内で確保のめどが立っている重症病床(206床)の使用率が70%に達した場合、赤信号を点灯させるとしている。3日現在の重症病床使用率は66%だが、11月28日の51・9%から12月3日までに15ポイント近く上昇。府の試算では、新規感染者数が横ばいで推移しても、8日には70%を超える見通しだ。3日には重症患者数は過去最多の136人となった。

「医療非常事態宣言」と書かれたボードを持ち、報道陣に説明する吉村知事(3日夜、大阪府庁で)=川崎公太撮影
「医療非常事態宣言」と書かれたボードを持ち、報道陣に説明する吉村知事(3日夜、大阪府庁で)=川崎公太撮影

 3日開かれた府の対策本部会議で、できる限り、不要不急の外出を4日から自粛するよう府民に求めることを決定。期間は「Go To トラベル」の自粛要請期間と合わせ、15日までとした。不要不急の外出の具体例は明示しておらず、吉村知事は「人によって解釈は変わる。一人ひとりの判断に任せたい」と述べた。

 大阪市の北、中央両区の全域で酒類を出す飲食店などに要請している営業時間の短縮(午後9時まで)についても、15日まで延長することを決めた。学校に対しては、赤信号の点灯時に実施するとしていた短縮授業や分散登校は求めないが、近距離での接触を伴う運動や合唱などは制限するよう求めた。

無断転載・複製を禁じます
1672611 0 社会 2020/12/03 19:50:00 2020/12/04 10:57:48 2020/12/04 10:57:48 大阪府が休業や外出の自粛を要請する独自基準「大阪モデル」の「赤信号」が点灯し、赤くライトアップされた通天閣(3日午後8時29分、大阪市浪速区で)=浜井孝幸撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201203-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)