読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

横浜と川崎の飲食店・カラオケ店に時短要請…知事「手遅れになる前に踏み切った」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県は3日、新型コロナウイルスの感染の広がりを受け、横浜、川崎市の酒類を提供する飲食店とカラオケ店に、営業時間を午前5時~午後10時にするよう要請することを決めた。

神奈川県庁
神奈川県庁

 対象は両市の約1万3600店舗で、期間は7~17日の11日間。要請に応じた事業者に1店舗あたり1日2万円の協力金を支給する。

 感染対策と経済活動の両立が必要だとして、これまで時短要請などに消極的だった黒岩祐治知事は報道陣に「手遅れになる前に、地域、職種を限定して踏み切った」と説明した。

無断転載・複製を禁じます
1672656 0 社会 2020/12/03 20:21:00 2020/12/03 23:02:00 2020/12/03 23:02:00 神奈川県庁。横浜市中区で。2020年11月11日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201203-OYT1I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)