NAAと京成電鉄、成田空港駅から入国者専用車両運行を検討

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの水際対策の一環として、成田国際空港会社(NAA)と京成電鉄(千葉県市川市)は、「成田空港駅」から入国者専用車両の運行を検討している。

ランドリーのノートに仙台育英球児「勝って戻ります」、住民からは「おめでとう」の書き込みが

 現在、入国者や帰国者の多くは空港で新型コロナ感染の有無を調べる抗原検査を受け、陰性判明後、空港外へ出ることになっている。その際、電車やバスなど公共交通機関の利用を自粛し、自らで手配した車などで移動することが求められている。しかし、実際には金銭的な負担が大きいことなどから公共交通機関を利用しているケースは少なくないという。

 こうした状況を受け、NAAと空港に乗り入れている京成電鉄が対策を協議。入国者専用の電車の車両、バスを用意することや、空港内の検査結果待ちの待機所から駅までの動線の検討を始めた。NAAの田村明比古社長は「感染拡大防止策をしっかり取りながら、利用しやすい運賃の交通手段を提供することを考えたい」としている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1681430 0 社会 2020/12/07 09:03:00 2020/12/07 09:03:00 2020/12/07 09:03:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)