読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

軽トラ荷台に箱型2畳半「自分だけの部屋」…被災者も活用、エアコン取りつけも可能

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トランピングカーと開発した中台さん(千葉市中央区で)
トランピングカーと開発した中台さん(千葉市中央区で)

 軽トラックの荷台に載せる箱型プライベートルームを千葉市中央区の車両機器メーカーが商品化した。災害やキャンプで使うために自分好みにアレンジできるのが特徴。「トランピングカー」と名付けて受注生産を始めた。(池田寛樹)

 同区の「ハウスオンザモビリティ」代表・中台友章さん(34)が開発したプライベートルームは2畳半の広さで車の荷台に載せることができる。軽トラがあれば50万円ほどの費用で作ることができる。バッテリーが搭載でき、エアコンなどを取り付けることも可能だ。

 中台さんは京成自動車工業(千葉県市川市)で救急車や衛星中継車などの製造に携わってきた。2010年の退社後、キャンプ好きが高じて箱型のプライベートルームを試作。昨秋の台風15号の際に被災した知人に貸したところ、「避難所に入れない愛犬とともに避難生活を送ることができた」と感謝された。災害ボランティアらも活用できると手応えを感じ、今年2月に会社を設立。断熱材や防炎材を試したり、走行時の風の抵抗を計算して改良したりと試行錯誤を重ね、本格製造にこぎ着けた。

 日本RV協会によると、キャンピングカーの販売は近年のキャンプブームを追い風に、昨年、全国で526億円と過去最高に達した。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で、密を避けながらレジャーを楽しみたいという人が増えており、さらに需要が高まっている。

 ただ、キャンピングカーは新車の場合、300万円台からが相場と高額だ。このため、中台さんは「従来のキャンピングカーではなく、手頃な価格帯の商品を提供していきたい。カスタマイズも可能なので、いろいろな用途で活用してもらえるはず」と話している。問い合わせは中台さん(080・7792・3919)。

無断転載・複製を禁じます
1682223 0 社会 2020/12/07 12:22:00 2020/12/07 12:42:43 2020/12/07 12:42:43 トランピングカーと開発した中台さん(17日、千葉市中央区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201207-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)