看護師不足が深刻化、迷彩服姿の陸自看護官ら北海道・旭川市の病院到着

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が複数発生し、看護師不足が深刻化している北海道旭川市の医療機関など計2か所に9日午前、陸上自衛隊の看護官らが到着した。

テイクアウト専門店なのに「客席ある」…時短協力金5900万円を不正受給
災害派遣で慶友会吉田病院に入る陸自の隊員ら(9日午前8時2分、北海道旭川市で)=佐々木紀明撮影
災害派遣で慶友会吉田病院に入る陸自の隊員ら(9日午前8時2分、北海道旭川市で)=佐々木紀明撮影

 道の要請に基づく災害派遣で、看護師資格を持つ看護官1人と准看護師の自衛官4人の計5人で編成する2チームが「慶友会吉田病院」(8日時点の感染者195人)と重症心身障害者施設「北海道療育園」(同45人)で医師の補助や患者らの看護にあたる。

 吉田病院には9日午前8時頃、迷彩服姿の看護官らが到着した。市保健所の浅利豪・新型コロナウイルス対策担当部長は取材に「看護の体制について、自衛隊の意見を聞きながら活動を進めたい」と話した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1687456 0 社会 2020/12/09 11:16:00 2020/12/09 18:39:27 2020/12/09 18:39:27 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201209-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)