読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大きな体に似合う…ジャイアント馬場さん「最後の愛車」、出身地で一般公開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

寄贈されたキャデラック(新潟県三条市で)
寄贈されたキャデラック(新潟県三条市で)

多くの人に愛されたジャイアント馬場さん(1988年撮影)
多くの人に愛されたジャイアント馬場さん(1988年撮影)

 1999年に亡くなったプロレスラー、ジャイアント馬場(本名・馬場正平)さんの愛車「キャデラック」が9日、出身地である新潟県三条市で一般公開された。馬場さんの肖像権などを管理する会社が8日、功績を多くの市民に知ってもらおうと市に寄贈していた。

 公開されたのは、馬場さんが別荘のあるハワイで乗っていた「最後の愛車」。白い1976年製で、全長5・8メートル、幅2・03メートル。馬場さんは、「人間発電所」の異名を持つライバルで親友のプロレスラー、ブルーノ・サンマルチノさんから「(身長2メートル9の)大きな体に似合う」とキャデラックを贈られ、以降は同じ色、同じ型を乗り継いだ。

 寄贈した管理会社の緒方公俊社長は、「(馬場さんは)この車で奥さんと買い物やゴルフを楽しんでいた。多くの人に、車をきっかけに馬場正平を知ってもらいたい」と話した。市の展示スペースが整備されるまで、社長がプロレスファンという同市高安寺の高級爪切りメーカー「諏訪田製作所」で公開される。

無断転載・複製を禁じます
1687984 0 社会 2020/12/09 14:27:00 2020/12/09 14:58:31 2020/12/09 14:58:31 贈呈されたキャデラック(12月8日午後5時7分、三条市高安寺の諏訪田製作所で)=岩瀬詩由撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201209-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)