読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

<定点撮影>石巻…文化と記憶伝える 女川…明日を削り出す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故が未曽有の被害をもたらした2011年3月。以来、読売新聞は、空から、地上から、被災地を同じ位置から同じ目線で撮影し続けてきた。撮りためられた映像は「復興の軌跡」そのものだ。震災10年を控え、それらをデジタルストーリーとフォトムービーにまとめた。今回は、宮城県石巻市(一部東松島市を含む)と女川町を取り上げる。

石巻 守り伝える文化と記憶

 全国で最多の犠牲者を出した宮城県石巻市。旧北上川河口の中州にある、中瀬地区は壊滅した。地元出身の漫画家石ノ森章太郎さんの作品を集めた「石ノ森萬画(まんが)館」は約9万点の原画などが辛くも消失を免れ、震災から1年8か月後に再開、復興のシンボルになった。1978年の宮城県沖地震後復元された旧石巻ハリストス正教会教会堂は、再度の被災からも復元された。児童ら多くの犠牲を出した河北地域の大川小学校は遺構として残された。

大川小学校の当時と今(フォトスライダー)

石巻市周辺各地の当時と今(フォトムービー)

石巻中瀬地区~復興のシンボル萬画館(デジタルストーリー)

石巻市南浜地区~がれきを撤去、学校が再建される(デジタルストーリー)

女川 岩盤削り宅地を造成

 宮城県女川町の沿岸部には、防潮堤が建設されなかった。堤防で危険はゼロにはできず、狭い宅地を減らすことにもなる。そこで山を削り、宅地を造成する工事が始まった。しかし、山の下は固い岩盤。周囲には人が住み、病院もある。騒音や震動の少ない特殊重機を投入したり、火薬の量を通常より減らして発破したりして、工事は結局、4年半も続いた。

女川町中心部の当時と今(フォトスライダー)

女川町中心部~運動公園に災害住宅(デジタルストーリー)

おんまえや周辺~地元スーパーが復活(デジタルストーリー)

マリンパル女川跡地~解体で消えた観光名所(デジタルストーリー)

定点撮影で見る復興の軌跡<女川町>(フォトムービー)

*デジタルストーリーコーナーはこちら
 これまでに掲載されたデジタルストーリーを閲覧できます。
*東日本大震災 動画コーナーはこちら
 自治体別のフォトムービーをまとめて閲覧できます。

無断転載・複製を禁じます
1693740 0 社会 2020/12/11 14:50:00 2020/12/11 14:50:00 2020/12/11 14:50:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)