読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

上野「シャンシャン」の中国返還、来年5月末まで延期…リーリーとシンシンも延長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都の小池百合子知事は10日、今月末に中国への返還期限を迎える上野動物園(東京都台東区)のメスのジャイアントパンダ「シャンシャン」(3歳)について、返還を来年5月末まで延期することで中国側と合意したと明らかにした。来年2月が返還期限のシャンシャンの父・リーリー(15歳)と母・シンシン(同)についても、5年間の期限延長が決まった。

 小池知事はシャンシャンの返還延期について、「新型コロナウイルスの影響で国際的な物流や人の交流が制限され、総合的に判断した」と述べた。都などによると、新型コロナの影響で日中間の航空便が激減し、シャンシャンを運ぶ便の確保が難航。さらに、両国が取っている入国制限の影響で、日中の飼育員らの往来が困難になっており、期限内に返還するための日程調整がつかなくなったという。

 2017年6月に誕生したシャンシャンは当初、2歳となる19年6月に中国側に返還される予定だったが、都が中国側に要請して12月末まで延長されていた。再び延長を望む声もあったが、シャンシャンはすでに3歳半となって繁殖適齢期を迎えたこともあり、中国側に予定通り返還する予定で準備が進められていた。

   ◇

 【北京=田川理恵】中国外務省の華春瑩フアチュンイン報道局長は10日の記者会見で、シャンシャンについて「新型コロナウイルスの影響から、当初の計画通り帰国することは難しいだろう」と述べた。華氏は、パンダは繁殖などの共同研究目的で日本側に貸与されていることから、「東京での研究は非常に順調だ」と評価した上で、「行き届いた世話をしてくれており、非常に感謝する」とも語った。

無断転載・複製を禁じます
1691806 0 社会 2020/12/10 20:54:00 2020/12/10 22:30:35 2020/12/10 22:30:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)