読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

同性カップル、子ども含め家族に「認定」…兵庫・明石市で全国初

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県明石市は10日、LGBT(性的少数者)のカップルを公的にパートナーと認め、同居する子どもを含めた家族関係を証明する「パートナーシップ・ファミリーシップ制度」を来年1月8日から導入すると発表した。

 同性カップルを公認する自治体は全国で増えているが、相手の実子や養子なども含めて家族と認める制度は全国で初めてという。

 同性カップルの中には、パートナーとなる前に異性との間に子どもをもうけていたり、養子がいたりするケースがあるが、同性は法的に婚姻が認められておらず、相手が親権を持つことはできない。

 新制度は、子どもに起こる生活上の支障をなくすことなどが目的で、申請があれば、市が家族関係を認め、それぞれの名前を記載したカード型の証明書を発行。子どもと一緒に市営住宅に入居できたり、市立病院へ入院する際に親族と同様の対応を受けられたりする。法的拘束力はないが、市は民間企業にも同様の対応を促すという。

 泉房穂市長は「色々な家族の形があり、子どもを含めた全員が自分らしく生きてほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1692628 0 社会 2020/12/11 06:54:00 2020/12/11 09:27:21 2020/12/11 09:27:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)