読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

カラフルな「冬の魅力」…暗闇広がる荒川の右岸、浮かぶ「光のアート」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

荒川右岸に浮かび上がった光のアート(11日午後5時40分頃、長瀞町で)=山田博文撮影
荒川右岸に浮かび上がった光のアート(11日午後5時40分頃、長瀞町で)=山田博文撮影

 埼玉県長瀞町で11日夜、岩畳など荒川の渓谷一帯をライトアップして冬の魅力を楽しんでもらうイルミネーションイベント「光の長瀞」が行われた。暗闇が広がる荒川右岸や岩畳に光のアートが浮かび上がると、来場者はカメラやスマホに収めるなどしていた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で町内への観光客が激減したため、紅葉シーズン後の観光支援も兼ねて、町が初めて企画。国内外で活躍するデジタルアーティストの長谷川章さんにプロジェクターでカラフルな模様を映し出す「デジタルアート」の制作を依頼した。

 イベントは12、18、19日の午後5~9時にも開催される。

無断転載・複製を禁じます
1696223 0 社会 2020/12/12 14:34:00 2020/12/12 14:34:00 2020/12/12 14:34:00 荒川右岸に浮かび上がった光のアート(11日、長瀞町で)=山田博文撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201212-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)