読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ダムが秘める「集客パワー」、現地配布のカードは山奥ほど「レア感」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[New門]は、旬のニュースを記者が解き明かすコーナーです。今回のテーマは「ダム観光」。

 水害を防ぎ、都市部の水がめや発電所にもなるダム。無駄な公共事業の象徴とみられた時期もあったが、最近は、観光資源としても存在感を発揮している。各地のダムがこぞって地域振興に力を入れる背景には、ダムが持つ「宿命」が関係している。

高さ186メートル黒部ダム 年100万人訪問

 薄暗いトンネルに風が吹き込み、現場責任者にふんした石原裕次郎がこう叫ぶ。「風だ、黒部の風だ!」。1968年に公開された映画「黒部の太陽」で、トンネルが貫通したシーンだ。

 映画は、「世紀の大工事」と呼ばれた関西電力「黒部ダム」(富山県立山町)の建設を題材にしている。

 黒部ダムは63年、水力発電を目的に、秘境だった黒部峡谷に7年の歳月と513億円の巨費をかけて造られた。水をせき止める堤体ていたいは高さ186メートルで日本一。映画のヒットで観光客が増え、年間100万人が訪れる「ダム観光」の先進地となった。

 ダムの観光利用は黒部の成功をきっかけに活発化した。神奈川県中部の「宮ヶ瀬ダム」(2000年完成)は、高さ156メートルの堤体に設置された工事用のケーブルカーを観光に転用。観光放流の年間の見学者は一時10万人を超え、19年度も7万人だった。

 12年完成の湯西川ダム(栃木県日光市)では、ダム湖や周辺を水陸両用バスが巡る。年間を通じて低温が保てるダム施設の通路などで、日本酒を熟成させる試みも各地で行われている。

集落・文化の「水没」…地域振興求める

 実は、ダムと観光は以前から法律によって深く結び付いている。74年に施行された「水源地域対策特別措置法」。国や自治体に対し、ダム建設で著しい変化が起きる地域について、住民の生活支援や地域振興を図るよう求めている。

 同法が制定されたのは、集落が水没するなどし、地域の過疎化や文化の消滅をまねくことがあるからだ。国土交通省によると、ダムは高度経済成長期に次々と建設が始まり、平成以降も最大で年間405か所で計画が進んだ。現在は、雨水をためる「治水ダム」が570基、農業用水確保や水力発電に使われる「利水ダム」が900基にのぼる。

 一方、反対運動も各地で相次ぎ、熊本、大分の県境に計画された下筌しもうけダムでは、59年から約10年、建設地に作った小屋に住民が立てこもるなどの「蜂の巣城紛争」も起きた。建設の裏では多数の集落が水の底に沈んだ。

 一般財団法人「日本ダム協会」の廣池透常務理事は「多くのダムは、地元の理解の上に成り立っている。設置者や管理者は、地域活性化を図る宿命を負っている」と語る。

カード751か所

 ダムの魅力を知ってもらおうという取り組みも評判を呼ぶ。

 07年に登場した「ダムカード」。手のひらサイズのカードの表に外観写真、裏に型式や貯水量などのデータが書き込まれ、ダムの管理事務所で1人1枚もらうことができる。現地でしか入手できない「レア感」が話題となり、今年11月時点で751か所で発行されている。山奥にあるダムのカードは人気で、神奈川県の宮ヶ瀬ダムは累計70万枚を発行する。

残り:768文字/全文:2091文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1697364 0 社会 2020/12/13 05:00:00 2020/12/13 08:35:28 2020/12/13 08:35:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201212-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)