読売新聞オンライン

メニュー

忘年会クラスター、マスクせず席替えで感染拡大か…飲食店貸し切り14人中8人感染

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島県と福島市は12日、同市の飲食店で行われた忘年会で、県内16例目のクラスター(感染集団)が発生したと発表した。県内ではこのクラスターを含む17人の新型コロナウイルス感染が確認され、1日あたりの感染者数は前日と並び過去最多となった。県内の累計感染者数は599人(505人が退院)。

 県と市によると、忘年会のクラスターは福島市などの男女計8人。すでに感染が確認されていた1人の接触者として検査をするなかで7人が確認された。

 忘年会は3日、市内の飲食店を借り切って、14人が参加した。2時間ほど会食した後、12人は別の飲食店でさらに約3時間飲食した。感染した8人全員が2次会にも参加していた。

 残る参加者のうち4人は陰性で、2人は検査中。市は今後、忘年会が行われた飲食店の従業員にもPCR検査を行う。

 参加者は会食中マスクをせず、席替えをしていたといい、県の担当者は「大人数、長時間の飲食やマスクなしでの会話が感染の背景にあると考えている。飲食時以外はマスクを着用するなど、感染防止対策をお願いしたい」と注意を呼びかけた。

 この日感染が発表されたのは10~80歳代の男女で、内訳は、福島市12人、郡山市4人、会津若松市1人。3人は県立医大の学生、7人が忘年会クラスターで、5人が感染経路不明だった。

無断転載・複製を禁じます
1697881 0 社会 2020/12/13 14:34:00 2020/12/14 15:38:20 2020/12/14 15:38:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)