読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

代金支払わないまま市長が車を1年間使用…夏のボーナス全額カットで先延ばしに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茨城県つくばみらい市の小田川浩市長が、市内の会社名義の車を約1年間、私用に使い、今月上旬まで代金を支払っていなかったことが分かった。取材に対して小田川市長は「購入を条件に使っていた。誤解を与える可能性はあり反省している」と話し、代金200万円を11日に支払ったという。

 市長の説明によると、約1年前に自身の車の調子が悪くなり、利用している保険代理店が顧客に提供している代車を借りた。気に入って購入を約束。今夏の市長ボーナスで支払う予定だったが、新型コロナの影響で全額カットに。支払いを先延ばしにしていたが、冬の市長ボーナスが出たため代金に充てたという。

無断転載・複製を禁じます
1697855 0 社会 2020/12/13 14:03:00 2020/12/14 10:21:04 2020/12/14 10:21:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)