読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ケーキ彩る真っ赤なイチゴ、丁寧に収穫中…大粒で甘さも十分

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 クリスマスを前に、JA西三河いちご部会部会長、石川良雄さん(61)の愛知県西尾市吉良町のビニールハウスでは、クリスマスケーキなどを彩る真っ赤なイチゴの収穫に追われている=写真、青木久雄撮影=。

 13年前に脱サラした石川さんは、ビニールハウス40棟で「章姫あきひめ」を栽培。夏場の高温で開花が遅れ、出荷は例年より1週間ほど遅いが、実は大粒で甘さも十分という。室温8~10度に保たれたハウス内では早朝から、従業員らが実を一つずつ丁寧に摘み取っていた。同部会では、クリスマス向けの出荷を22日まで続け、多い日には1日2万2000パックを県内外に出荷するという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1697985 0 社会 2020/12/13 17:07:00 2020/12/13 18:08:53 2020/12/13 18:08:53 クリスマスシーズンを前に本格的な収穫が始まったイチゴ「章姫(あきひめ)」(9日午前8時38分、愛知県西尾市で)=青木久雄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201213-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)