読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

宮崎の鳥インフル、計12万羽超の殺処分開始…県内各地で続々判明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 宮崎県は14日、宮崎市田野町の養鶏場の鶏から高病原性の疑いのある「H5亜型」の鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。経営者が同じ同市の2養鶏場と合わせ、計約12万6000羽の殺処分を始めた。日向市の養鶏場でもウイルスに感染した疑いのある鶏が見つかったという。

鶏の殺処分作業が進む養鶏場(14日午前、宮崎市で)=宮崎県提供
鶏の殺処分作業が進む養鶏場(14日午前、宮崎市で)=宮崎県提供

 県によると、宮崎市の養鶏場で13日、「鶏16羽が死んでいる」と通報があり、遺伝子検査で鳥インフルエンザの感染が判明。養鶏場では約7万羽が飼育されており、県は、経営者が同じ清武町の2養鶏場の計約5万6000羽も殺処分する。

 日向市の養鶏場では14日未明、死んだ鳥が複数いると通報があり、簡易検査で陽性反応が出た。県は遺伝子検査を行っている。

 一方、香川県は14日、三豊市の養鶏場で、高病原性の疑いがある鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)を検出したと発表した。この養鶏場の約2万8000羽を殺処分する。13日にこの養鶏場から「多くの鶏が死んでいる」と通報があり、県の遺伝子検査で陽性が確認された。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1698131 0 社会 2020/12/13 21:06:00 2020/12/14 12:09:00 2020/12/14 12:09:00 感染が確認された養鶏場での防疫作業の様子(14日午前8時頃、宮崎市で、宮崎県提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201214-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)