読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

居酒屋で従業員ら感染、利用客100人余りに相談呼びかけ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長野県と長野市が16日に発表した新型コロナウイルスの新規感染者15人は10~70歳代で、酸素投与が必要な中等症が1人、13人は軽症か無症状。残る1人は東京都の20歳代男性で症状は不明だという。

 また県は、木曽町の居酒屋「あきちゃん」で、従業員らの感染が確認され、不特定多数の人への感染の可能性があるとして店名を公表。5~13日に同店を訪れた人に、保健所への相談を呼びかけている。利用客は100人余りに上るという。

 自治体別では長野市4人、上田市、伊那市、松本市、千曲市、中野市、山ノ内町、木曽町、上松町、青木村、白馬村、東京都各1人。木曽町の70歳代女性と上松町の20歳代女性は「あきちゃん」に勤務。14日にも同店を営む木曽町の70歳代男性の陽性が確認されている。

 長野市の50歳代女性は、院内で集団感染が起きた同市の鶴賀病院の職員。同病院の感染者は計33人(患者27人、職員6人)となった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1706873 0 社会 2020/12/17 14:01:00 2020/12/17 14:52:51 2020/12/17 14:52:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)