読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

職場の忘年会、長時間マスクなしで飲食・カラオケ…11人感染のクラスター

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 熊本市は16日、繁華街の飲食店で開かれた職場の忘年会に参加した男女11人(20、40歳代)が新型コロナウイルスに感染し、会食によるクラスター(感染集団)が発生したと発表した。

 8日に男女15人で飲食店で会食後、バーを利用。長時間マスクなしで飲食したり、カラオケを利用したりしたという。市は「会食は少人数で短時間に抑え、深酒は控えてもらいたい。会話の際はマスクを着用してほしい」と呼びかけている。

 また、熊本県と市は16日、新たに男女25人(10~80歳代)の感染を発表した。市上下水道局の男性職員が含まれ、市は上下水道局本館1階を18日まで閉鎖する。

 クラスター関連では、飲食店「CLUB ZERO(クラブ ゼロ)」(中央区)は計23人に、バー「Bar Room OWL(バー ルーム アウル)」(同)は計9人となった。熊本県警熊本南署も、男性署員1人(30歳代)が増え、感染者は8人となった。

 このほか、県は、濃厚接触者の健康観察期間(2週間)が終了し、阿蘇市の阿蘇やまなみ病院のクラスターが収束したと発表した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1707356 0 社会 2020/12/17 16:08:00 2020/12/17 18:18:17 2020/12/17 18:18:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)