読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

都内の医療体制警戒レベル、最も深刻な「逼迫している」に引き上げ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は17日午後、専門家を交えた新型コロナウイルスのモニタリング(監視)会議を開き、4段階で評価している都内の医療提供体制の警戒レベルについて、上から2番目に深刻なレベルを最高レベルの「逼迫ひっぱくしている」に引き上げた。

 医療提供体制の警戒レベルが最高になるのは、今年7月に現行の評価体制を導入してから初めて。感染状況を示す警戒レベルは、4段階中最も高いレベルを維持した。

 都は医療提供体制の警戒レベル引き上げに合わせ、重症者用病床を50床増やすなど、確保する病床を計3000床から計4000床に拡大する。都内では16日、新規感染者数が678人となり、過去最多を更新。入院患者は14日に初めて2000人を超えた。重症者も15日、緊急事態宣言解除後の最多となる78人に急増していた。

無断転載・複製を禁じます
1706547 0 社会 2020/12/17 12:06:00 2020/12/17 13:37:02 2020/12/17 13:37:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)