読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

1100台の立ち往生続く、車降りた60代男性「歩けなくなった」…大雪の関越道

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本上空に強い寒気が流れ込み、17日も日本海側や山沿いの広い範囲で断続的に雪が降り続いた。新潟県の関越道ではトラックなど約1100台が雪で立ち往生し、県は同日午後、自衛隊に災害派遣を要請した。

日没後も立ち往生の車が列を作る、関越道の大和パーキングエリア付近(17日午後6時15分、新潟県南魚沼市で)=早坂洋祐撮影
日没後も立ち往生の車が列を作る、関越道の大和パーキングエリア付近(17日午後6時15分、新潟県南魚沼市で)=早坂洋祐撮影

 県警などによると、関越道では16日夜から多数の車が立ち往生した。17日午後5時現在、上りが塩沢石打インターチェンジ(IC)付近を先頭に15キロにわたり約750台、下りは湯沢IC付近から15キロで約350台が動けない状態が続いている。ほかにも立ち往生が発生している場所がある。

 南魚沼市消防本部によると、体調不良を訴える人からの通報が相次ぎ、車内にいた30歳代女性が病院に搬送された。車から降りて一般道へ向かった60歳代男性は「歩けなくなった」と通報した。

 車内の人向けに自衛隊員が水や食料などを配って回り、東日本高速道路もサービスエリアで炊き出しを行った。

 一方、17日未明から続いていた上信越道の通行止めは午後に解除された。

 気象庁によると、72時間降雪量は群馬県みなかみ町藤原で17日午後4時までに2メートル19、岩手県西和賀町で午前1時までに1メートル43を記録し、観測史上最も多くなった。18日夜以降も日本海側を中心に大雪となる見込みで、引き続き警戒を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
1708167 0 社会 2020/12/17 20:10:00 2020/12/17 21:38:48 2020/12/17 21:38:48 日没後も立ち往生の車が列を作る、新潟市方面に向かう関越道下り線の大和パーキングエリア付近(17日午後6時15分、新潟県南魚沼市で)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201217-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)