読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

弁護士が事務所トイレに盗撮カメラ、女性職員が発見…現在は別の職業に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岡山弁護士会に所属していた20歳代の弁護士の男が、勤務先の弁護士事務所の女子トイレで盗撮をしたとして、岡山県迷惑行為防止条例違反で略式起訴され、罰金60万円の略式命令を受けていたことがわかった。命令は9日付。

 起訴状などによると、男は7月、岡山市内の事務所のトイレに小型カメラを設置し、女性職員2人の姿を撮影したとされる。女性職員がカメラを発見し、男が認めたため、事務所が県警に通報したという。 

 男はその数日後、岡山弁護士会に退会届を提出し、8月末頃に弁護士登録を取り消された。現在は別の職業に就いている。

無断転載・複製を禁じます
1713154 0 社会 2020/12/19 19:40:00 2020/12/19 20:02:35 2020/12/19 20:02:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)