読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

インフル・コロナ同時感染か、市議会議長がホテル療養…県「症例的に珍しい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県和光市は21日、同市議会の吉田武司議長(59)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 市によると、吉田議長は17日に発熱し、インフルエンザの感染が確認された。併せて実施した新型コロナ検査で18日に陽性となったため、ホテル療養をしている。

 インフルエンザと新型コロナの同時感染の可能性があるが、県感染症対策課によると「ウイルス同士の干渉作用から、一つのウイルスに感染している時は別のウイルスに感染しにくいため、症例的には珍しい」という。

無断転載・複製を禁じます
1718819 0 社会 2020/12/22 07:00:00 2020/12/22 09:53:05 2020/12/22 09:53:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)