読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ハンドル操作してないのにサイクリングコースで相次ぎ転倒、9人重軽傷…路面のぬめりが原因か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茨城県土浦市の「つくば霞ヶ浦りんりんロード」で走行中の自転車が相次いで転倒し、9人が重軽傷を負った事故で、サイクリストから県の管理責任を問う声が上がっている。路面のぬめりが転倒の原因とみられ、負傷者らは「県の管理ミスは明らかだ」などと憤っている。

路面の汚れを洗浄する作業員(11月9日)
路面の汚れを洗浄する作業員(11月9日)

 「ハンドルもブレーキも操作していないのに前輪、次に後輪が滑った。あり得ない」。大学名誉教授の男性(73)(北海道伊達市)は語気を強める。

 事故が起きたのは11月3日。12人が時速20キロ台で走行していた。名誉教授は先頭から5人目の位置で走り、最初に転倒した。右の腰や肩、膝を打撲したという。

 7人目の男性(73)(神奈川県海老名市)は「路面は恐ろしく、ぬめっていた」と証言。「道路管理上のミスは明らかだ」と怒りをあらわにする。

 山道を自転車で駆け上がる「ヒルクライムレース」の年代別部門で何度も優勝しており、運転には精通している。それでも、転倒を避けられなかった。

 骨盤を骨折し、1か月間も入院した。退院後も筋力の衰えが激しい。「筋トレに励んでいるが、元通りにサイクリングを楽しめるまで、どれほどかかるだろうか」と不安を隠せない。

 県から、けがの状況を聞かれた。しかし、事故原因の説明はなかったという。

    ◎

 先頭を走行していた男性(73)(千葉県印西市)ら2人は、ほかのサイクリストに聞き取り調査を実施。前から4人目まではロードの中央を走っていたが、5人目の名誉教授は左側を走行中に転倒したことを突き止めた。

 6~12人目も左側を走り、前走者を避けようとハンドルやブレーキを操作して転んでいた。転倒音に気づいてブレーキをかけた4人目も転倒。集団から大きく遅れていた13人目は、事故に巻き込まれなかった。

 12人は2メートル以上の車間距離を保っており、自転車同士は衝突していない。しかし、帰宅後に骨折が判明した1人を含む5人が重傷、4人が軽傷を負った。

     ◎

 「カラー舗装の道は滑りやすい」。大井川知事は事故が起きる約1か月前の10月5日、ロードを走行中に転倒し、こう指摘していた。

 ロードは砕石層にアスファルト舗装、カラー塗装が重なる構造。県は10月8日、カラー塗装の上にたまった汚れが雨にぬれ、ぬめりの原因になったと判断。汚れを取り除くことを決めた。

 しかし、通常の路面洗浄車は車幅が広すぎ、ロードで使えないことが判明。洗浄機を手配して除去に着手したのは、事故後の11月5日だった。

 県は今年度内に、カラー塗装された区間のうち、土浦市とつくば市にまたがる5キロを改修する方針だ。サイクリスト13人には順次、事故状況の聞き取りを始めている。

無断転載・複製を禁じます
1718841 0 社会 2020/12/22 08:13:00 2020/12/22 09:20:53 2020/12/22 09:20:53 事故現場付近のつくば霞ヶ浦りんりんロードで路面の汚れを洗浄する作業員(11月9日)※掲載日までに写真の撮り直しをするつもりです https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201221-OYT1I50114-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)