読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

応援感謝、冬ねぶた

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で今夏の青森ねぶた祭が中止となったことから、祭りを主催する青森観光コンベンション協会が企画して制作された「特別ねぶた」=写真、八巻朱音撮影=が23日、青森市の文化観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」で披露され、点灯された。

 協会が、ねぶたを作るねぶた師に作品を披露する場を提供しようと、インターネット上で資金を募るクラウドファンディングで全国から約3500万円を集めて実現した。

 題材は、新型コロナ早期収束の願いを込めた「薬師如来・玄奘三蔵げんじょうさんぞうと十二神将」。ねぶた師14人全員がそれぞれ1体のねぶたを制作し、14体を組み合わせ、高さ5・2メートル、幅8・5メートルの特別ねぶたを完成させた。

 この日のお披露目会で、ベテランねぶた師の竹浪比呂央さん(61)は「大きな力をくれた全国各地のねぶた祭ファンにお礼をいいたい」と語った。

 特別ねぶたは、来年8月の祭りで運行されるほか、祭り前日まで同施設で展示される。

無断転載・複製を禁じます
1722477 0 社会 2020/12/23 14:19:00 2020/12/23 14:38:21 2020/12/23 14:38:21 点灯されたねぶた師全14人による合作「特別ねぶた」(23日午前10時22分、青森市で)=八巻朱音撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201223-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)