読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「アクタージュ」原作者、強制わいせつで有罪判決…東京地裁「破廉恥で理不尽」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 路上で少女の胸を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた人気漫画「アクタージュ」(連載打ち切り)原作者の松木達哉被告(29)に対し、東京地裁は23日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。赤松亨太裁判官は「非のない被害者をストレスのはけ口にした破廉恥で理不尽な犯行だ」と述べた。

 判決によると、松木被告は6月18日夜、東京都中野区の路上で、歩いていた女子中学生の胸を自転車で追い抜きざまに2回触った。

無断転載・複製を禁じます
1723660 0 社会 2020/12/23 17:23:00 2020/12/23 17:50:30 2020/12/23 17:50:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)