読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

申し立てから13年、元被告側「うれしいクリスマスプレゼント」…袴田事件再審の道開く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「袴田事件」で最高裁が審理を東京高裁に差し戻す決定をしたことを受け、記者会見で笑顔を見せる袴田巌元被告の姉の秀子さん(中央)(23日午後、静岡県庁で)=稲垣政則撮影
「袴田事件」で最高裁が審理を東京高裁に差し戻す決定をしたことを受け、記者会見で笑顔を見せる袴田巌元被告の姉の秀子さん(中央)(23日午後、静岡県庁で)=稲垣政則撮影

 再審の道を閉ざした高裁決定が取り消され、また少し、望みが見えてきた。1966年に静岡県で一家4人が殺害された「袴田事件」の第2次再審請求審で、最高裁が、再審開始を認めなかった東京高裁の決定を取り消したことが23日、明らかになった。申し立てから間もなく13年。袴田いわお元被告(84)を支える人たちからは「主張が正しく認められた」と喜びの声が上がり、差し戻し審の行方が注目される。

 「最高裁でこういう認定をしていただいてありがたい。うれしいクリスマスプレゼントになりました」

 23日夕、静岡県庁で弁護団とともに記者会見を開いた袴田元被告の姉、秀子さん(87)は声を弾ませた。

 秀子さんによると、最高裁の決定はこの日の昼頃、浜松市内の自宅に郵便で届いた。同居する元被告に伝えたところ、長年の拘置所生活で発症した「拘禁症」を抱える元被告は、「そんなのうそだ。再審なんて終わった」と答えたという。

 今回、最高裁が審理を差し戻したのは、確定判決が「犯行時の着衣」と認定した5点の衣類に付着した血痕の色の変化について、「(東京高裁の即時抗告審で)審理が尽くされていない」と判断したからだ。

 この点について、弁護団事務局長の小川秀世弁護士は「最高裁は我々の主張を正しく理解し、高裁決定のずさんさを理解してくれた」と満足の表情をみせた。

 ただ、弁護団は今後、血痕の色に関する新たな資料を高裁に提出することになる。血の付いた衣類がみそ漬けになった状況について専門家を見つけるのは容易ではなく、弁護士らは「具体的に裏付けできる資料を集めるのが課題。最善を尽くす」と気を引き締めた。

     ◇

 事件はこれまで、異例の経過をたどってきた。

 現場となったみそ会社の従業員だった袴田元被告は、54年前の1966年8月、強盗殺人容疑などで静岡県警に逮捕された。連日12時間前後の取り調べを受け、19日後に「自白」。静岡地裁で行われた1審公判では全面否認に転じたが、地裁は68年9月、死刑を宣告した。

 80年12月に最高裁で確定した後、弁護団はただちに1回目の再審開始請求を申し立てたが、扉は開かないままはじき返された。

 弁護団は5点の衣類と同種のものをみそに漬けて色の変化を検証した「再現実験」の結果などを新証拠として提出し、2度目の再審請求を申し立てた。14年3月、静岡地裁は再審開始の決定に加えて、「拘束を続けることは耐えがたいほど正義に反する」と言及して、即時の釈放を認めた。

 袴田元被告は、来年3月で85歳になる。今年の誕生日パーティーでは、支援者らに囲まれながらケーキに立てたろうそくの火を吹き消し、穏やかな表情で赤い花束を受け取った。

 今は、昼下がりにJR浜松駅周辺を歩いて回るのが日課という元被告。差し戻し審に向け、秀子さんは「年のことなんて気にしていない。確かに高齢者ですが、頑張ってまいります」と力を込めた。

 再審制度に詳しい大出良知・九州大学名誉教授(刑事訴訟法)の話「審理が長期化し、最高裁でも2年にわたって検討されていたにもかかわらず、さらに高裁に審理を差し戻すことには大きな疑問を感じる。ただ、裁判官5人のうち2人が再審の即時開始を主張したことからも、激しい議論があったことがうかがえる。高裁には、反対意見の重みを踏まえて速やかな判断を期待したい」

 元東京高裁部総括判事の山崎学・慶応大客員教授(刑事訴訟法)の話「長年にわたるDNA型鑑定を巡る議論に終止符を打ち、争点を『衣服に付着した血液の色が専門的知見と矛盾していないかどうか』に絞って差し戻しており、一見遠回りだが、審理の迅速化につながると考える。高齢の元被告を不安定な身分におき続けることは人権上も問題だ。科学論争に深入りしないためにも、高裁では確立した知見に基づく証拠を双方が出し合って審理を尽くすべきだ」

無断転載・複製を禁じます
1724659 0 社会 2020/12/23 22:15:00 2020/12/24 00:42:37 2020/12/24 00:42:37 袴田厳さんの再審請求が東京高裁に審理が差し戻された事を受け、記者会見し笑顔を見せる姉の秀子さん(中央)(23日午後4時20分、静岡市で)=稲垣政則撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201223-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)