読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

給付金詐欺、計279人を摘発…詐取額は2億1200万円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの影響で収入が減った個人事業主らを支援する国の持続化給付金について、警察庁は24日、今月18日までに39都道府県警が計279人を詐欺容疑(未遂を含む)で摘発したと発表した。詐取額は摘発分だけで計約2億1200万円に上った。

 中小企業庁の集計では、持続化給付金の支給件数は21日現在、約395万件で、支給額は約5兆2000億円。大学生や別の仕事を持つ人が個人事業主などを装って不正受給するケースが後を絶たず、全国の警察が摘発を強化している。

無断転載・複製を禁じます
1725803 0 社会 2020/12/24 11:26:00 2020/12/24 11:26:00 2020/12/24 11:26:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)