埼玉県議会の自民会派、40人で会食…「キャンセルに伴うホテルの都合も考慮」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、政府が大人数での会食自粛を求める中、埼玉県議会自民党会派の約40人が18日夜、さいたま市内のホテルで会食をしていたことがわかった。

熊本県で過去最多4448人コロナ感染

 関係者によると、会食は県議会12月定例会の閉会後に行われた。定例会閉会後の会食は恒例で、今回は感染防止の観点から50人いる会派の正式な会合でなく、自主参加となったという。各テーブルに4~5人が座る形で約1時間飲食した。

 同県は会食の人数を4人以下とするよう県民に要請している。自民党会派の小島信昭団長は25日、読売新聞の取材に「キャンセルに伴うホテル側の都合なども考慮し、自主参加で開いた。感染防止対策は徹底していたが、誤解を招く行為で反省したい」と話した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1729798 0 社会 2020/12/25 15:00:00 2020/12/25 18:00:43 2020/12/25 18:00:43

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)