読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中2女子生徒が手作りマスク、困っている人思い3000枚…夢は続く

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ネットで中傷を受けたことは、もう気にしていない。たくさんの手作りマスクを寄付した中学2年生の滝本ひめさん(14)は、自分を信じ、夢を追い始めている。

          ◎

 「歩いて3軒も回ったのよ」。困ったようなお年寄りの声が聞こえ、滝本さんは振り向いた。

滝本さんが作ったマスク
滝本さんが作ったマスク

 ドラッグストアで、リュックを背負った80歳ぐらいの女性が店員に話しかけていた。マスクを探して店を巡っているらしい。今年2月、甲府市の自宅近くでのこと。新型コロナウイルスの感染が拡大しつつあり、マスクが品薄になっていた。

 困っているお年寄りが他にもいるのではないか。そう考えていると、小学校で給食当番の時に使っていた布マスクを思い出した。「布マスクって簡単に作れるのかな。教えてほしい」。一緒にいた母親に、そう切り出した。

 家に着くと、すぐに不織布マスクで型を取った。ミシンで1枚を試作。縫い目をまっすぐそろえるのが難しかったが、自分でも出来そうだった。2月下旬から合間を見つけてミシンの前に座り、多い日は1日30枚ほど作った。花柄や水玉などかわいらしい模様の布を選び、ガーゼ、ゴムひもなどと一緒に、お年玉で購入。母親から「欲しいものはすぐねだるのに、珍しいね」と驚かれた。

 600枚ほど完成した3月中旬、母親に相談し、山梨県に寄付。県内の高齢者施設や障害者施設に配布された。「一人でも多くの人に使ってほしい」。新聞やテレビの取材に素直な気持ちを話した。紙面やニュースで紹介され、恥ずかしかったが、誇らしさも感じた。

          ◎

 取材を受けてまもなく、うれしくてスマートフォンで自分の名前を検索してみて、息が止まった。

 〈手作り布マスクなんて効果がない〉

 〈親の金でやってるんだろう〉――。見知らぬ人のSNSの投稿に、スマホを持つ手が震えた。

 「間違ったことだったのかな」「無意味なのかな」。何をしていてもつらく、食欲がなくなった。新型コロナによる一斉休校で友達にも会えず、ふさぎ込んだ。母親がそっとミシンを押し入れにしまってくれた。

 そんな時、全国の人から県に届いた手紙を受け取った。その数、約100通。

 〈コロナの暗いニュースが多い中で勇気づけられた〉

 〈悪口を言われるかもしれないけど気にしないで〉

 温かい言葉があふれていた。読み進めていくと気持ちが晴れ、また、ミシンを使いたくなった。

 県には「作り方を知りたい」という声が寄せられていた。滝本さんは材料に作り方の説明書を添えた手作りマスクキットを1100セット作り、県に寄付。県がホームページに作り方を公開してくれた。

 手作りマスクの輪も広がった。山梨県身延みのぶ町では滝本さんのニュースを知った中学生が約750枚をつくり、小学校と保育園に配った。愛知県尾張旭市の女子中学生も触発されて50枚を作り、市に提供した。

          ◎

 滝本さんがこれまでに配ったマスクは約3000枚にのぼる。今でも「欲しい」という手紙が届けば、ミシンを動かす。

 頭の片隅にあった「医師」という漠然とした将来の夢が、明確な目標に変わりつつあるという。「誰かの力になれることのすばらしさを実感できた。医師なら、それが実現できるのかな、って感じです」。目を輝かせて話す姿に、元気をもらった。(藤原聖大)

無断転載・複製を禁じます
1732241 0 社会 2020/12/26 15:00:00 2020/12/26 17:22:12 2020/12/26 17:22:12 滝本さんが制作した手作りマスク(滝本さん提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201226-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)