英から帰国のパイロットと家族、コロナ変異種に…国内で人から人への感染を初確認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は26日、新型コロナウイルスに感染した東京都内の30歳代男性と、20歳代女性の計2人から、英国で流行している変異種が見つかったと発表した。男性は英国から帰国した航空機パイロットで、空港で検査は受けていなかった。女性は男性からうつったとみられ、国内で人から人への変異種の感染が確認されたのは初めて。政府は同日、全世界からの外国人の新規入国の停止を発表した。

大阪刑務所でクラスター、受刑者と職員の計70人感染…感染受刑者全員を単独室に隔離
厚生労働省
厚生労働省

 一方、東京都では同日、新規感染者が過去最多の949人確認された。国内の新規感染者も過去最多の計3878人に上った。

 厚労省によると、変異種への感染が確認された男性は16日に帰国。パイロットは帰国後の健康観察など一定の条件を守ることを前提に空港検疫での検査の対象外となっており、検査を受けずに帰宅していた。21日にせきや頭痛を訴えて都内の医療機関を受診し、陽性と判明。女性は男性の家族で、英国への渡航歴はなく、せきなどの症状があるという。いずれも24日から都内の医療機関に入院している。

 国立感染症研究所が2人の検体を調べ、26日に英国で見つかったものと同様の変異種に感染していることが分かった。国内では25日、英国から入国し、空港検疫の検査で陽性と判明した男女5人から変異種のウイルスが見つかっている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1732366 0 社会 2020/12/26 18:31:00 2020/12/27 00:53:31 2020/12/27 00:53:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201226-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)