読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[あれから]<9>前代未聞の5敬遠・松井に渾身20球…1992年8月

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「5連続」といえば、「敬遠」。あの有名すぎる甲子園での一戦は、1992年8月16日に行われた。

 夏の全国高校野球選手権大会2回戦、星稜(石川)―明徳義塾(高知)戦。大会屈指のスラッガーとの呼び声が高かった星稜の4番・松井秀喜さん(46)=当時18歳=を相手に、マウンドに立った明徳義塾の投手・河野和洋さん(46)=当時17歳=は、ランナーがいてもいなくても、とにかくすべて、5打席連続で敬遠した。

 「皮膚の感覚がないくらいに、集中していた」。渾身の全20球。松井選手が一度もバットを振らなかったその試合、明徳義塾は1点差で辛勝した。

スタンドから「勝負!」のコールがわき起こる中、松井選手を敬遠する河野さん(1992年8月16日、甲子園球場で)
スタンドから「勝負!」のコールがわき起こる中、松井選手を敬遠する河野さん(1992年8月16日、甲子園球場で)

 勝利の校歌斉唱は、甲子園球場全体に広がった「帰れ」コールでかき消された。〈松井秀喜を5敬遠した男〉の、長くて苦い野球人生が、ここから始まった。
(社会部 大井雅之)

7回2死「勝負」よぎる

 「松井は相手にせえへんから」

 1992年夏の甲子園。明徳義塾高校(高知)の投手・河野和洋さん(46)は、馬淵史郎監督(65)からこう言われた時、すぐには理解できなかった。

 「運命の試合」の5日前。チームのメンバーは、1回戦に登場した星稜高校(石川)の4番・松井秀喜さん(46)の打球をスタンドで生で見た。「ガキーン」とロケットみたいな音がして、すごいスピードで飛んでいく。一人だけ、異次元にいるようだった。

 「相手にしない」という言葉の意味がはっきりと分かったのは、2回戦で星稜と対戦する前の晩だ。馬淵監督は「全部するから」と言った。サインは、指で「4」。四球、つまり打者と勝負せずに一塁に歩かせる「敬遠策」だった。

 その後の人生で、河野さんは何度、聞かれただろう。

 「本当は、勝負したかったんじゃないですか?」

 そのたびに、こう答えてきた。

 「松井にバットを振らせれば、たとえ空振りでも相手は勢いづく。勝つためには、敬遠しかなかったです」

球場パニック 試合は一時中断 宿にまで苦情

 

 「4番、サード、松井君」

 憧れ続けた甲子園で、河野さんは計5回、このアナウンスを聞いた。そして5回とも敬遠した。

 初回、三回、五回……。松井選手のホームランを楽しみにしていた観客は興奮でどよめき、回を重ねるごとに、それは不満と怒りに変わった。

 が、当の松井選手は「隙あらば打つ」という気迫に満ちた構えを崩さず、敬遠されてもふて腐れることなく淡々と一塁に向かった。

 このときの松井選手の姿について、当時の星稜監督・山下智茂さん(75)は、後にプロ野球・読売巨人軍の監督としてドラフト会議で松井選手を1位指名した長嶋茂雄さん(現・終身名誉監督)から言われた言葉を、よく覚えている。

 「あの、全打席でタイミングを待ちながら立っていた、相手をにらむこともなく冷静だった、あの姿を僕は評価した」。長嶋さんはそう言ったという。

 一方、投げた河野さんも冷静だった。「松井のことは怖くなかった。だって、打たれることはないから」

 そんな河野さんにも、七回に一瞬、迷いが生じた。松井選手の4打席目。すでに二死で、ランナーはいない。スタンドからは「勝負! 勝負!」というコールがわき起こる。ここでも勝負をせず、敬遠なのか?

残り:2782文字/全文:4277文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1733025 0 社会 2020/12/27 05:00:00 2021/03/24 17:16:38 2021/03/24 17:16:38 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201226-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)