読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

都営大江戸線の運転士15人感染、7割程度に間引き運行

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都交通局は26日、都営大江戸線の運転士計15人が新型コロナウイルスに感染したため、27日から同線を7割程度に間引いて運行すると発表した。間引き運行は来年1月11日までをメドとしており、運転士たちの回復状況を踏まえて順次通常運行に戻していくという。

東京都庁
東京都庁

 同局によると、仕事納めの今月28日については、午前7時半~8時半頃の通勤ラッシュ時間帯は通常通りの本数で運行できる見込み。同線では15日から25日までに運転士計15人の感染が相次いで確認されており、感染者と濃厚接触した自宅待機者らも含めて計21人の運転士が出勤できない状況に陥っているという。

無断転載・複製を禁じます
1732565 0 社会 2020/12/26 20:45:00 2020/12/27 08:11:42 2020/12/27 08:11:42 新型コロナ。東京都庁。東京・新宿区で。2020年4月14日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201226-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)