読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】危険なバス停、36道府県で7300か所超…8か所で人身事故

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 横断歩道や交差点のそばにある危険なバス停が、36道府県で計7325か所にのぼることが、国土交通省の調べでわかった。停車したバスが要因となった人身事故が、静岡、埼玉、広島、滋賀の4県の8か所で起きていたことも判明。危険なバス停での人身事故の状況が初めて明らかになった。同省は安全対策を急ぐとともに、今後、残る11都府県分を公表する。

 国交省は全国約40万のバス停について、危険度が高い順に(A)横断歩道にバスの車体がかかるか、過去3年で停車中のバスに起因する人身事故が発生(B)横断歩道の前後5メートルの範囲か、交差点に車体がかかる(C)交差点の前後5メートルの範囲に車体がかかる――などの基準で3ランクに分類する調査を実施している。

 10月30日に6県780か所のバス停名や所在地などをまとめたリストを初公表。今月に入り、新たに30道府県の6545か所のリストを各運輸支局のホームページなどで順次、公表した。

 36道府県の危険なバス停の内訳は発表時点で、Aが17%の1228か所、Bが56%の4116か所、Cが27%の1981か所だった。

 人身事故が起き、Aランクに分類されたバス停は、静岡県3か所、広島県3か所、埼玉県1か所、滋賀県1か所だった。読売新聞の取材では、2016年以降に少なくとも6人が重軽傷を負っていた。

バス停「荻緑町」前の横断歩道を渡る住民ら(26日、静岡県伊東市荻で)=奥西義和撮影
バス停「荻緑町」前の横断歩道を渡る住民ら(26日、静岡県伊東市荻で)=奥西義和撮影

 静岡県伊東市では今年7月、停車したバスの前方にある横断歩道を渡っていた小学2年の女児(8)が、バスを追い越してきた車と接触し、軽傷を負った。大津市でも18年3月、20歳代の乗客がバスの前方から道路を横断しようとした際、バスを追い越した車にはねられ、1か月の重傷を負った。いずれもバスの車体が死角になった可能性が高い。

 残る11都府県は、東京、神奈川、千葉、栃木、新潟、富山、石川、福井、山梨、京都、徳島。危険なバス停の数はさらに増える見通し。

 ◆危険なバス停=横断歩道や交差点のそばにあり、停車したバスで死角ができ、事故を誘発する恐れがあるバス停。横浜市で2018年、バスの死角に入った小学5年の女児が車にはねられる死亡事故があり、調査が始まった。

無断転載・複製を禁じます
1734612 0 社会 2020/12/28 05:00:00 2020/12/28 09:13:04 2020/12/28 09:13:04 「荻緑町」のバス停前の横断歩道を渡る住民ら(26日、静岡県伊東市荻で)=奥西義和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201228-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)