読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鬼滅ファンに人気の聖地、炭治郎の出身地・雲取山は「初心者だと遭難の危険」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県相模原市と東京都八王子市にまたがる景信山かげのぶやま(727メートル)に今年、若者が登る姿が目についた。漫画「鬼滅きめつやいば」の人気キャラクター時透無一郎ときとうむいちろうの出身地と設定され、ファンに“聖地”と見なされたからだ。県とその周辺で“聖地巡り”するファンもいるというが、初心者には難しい高い山もあり、「よもやよもや」の事態を危惧する声も出ている。(高梨しのぶ)

 大正時代の日本を舞台に、家族を鬼に殺された少年、竈門炭治郎かまどたんじろうが、鬼にされた妹の禰豆子ねずこを人間に戻すため、剣士らの組織「鬼殺隊きさつたい」に入って鬼を退治する物語。無一郎は14歳の天才剣士で、隊で最高の実力を持つ剣士・柱の一人「霞柱かすみばしら」。「霞の呼吸」を使って戦いに臨む。

霧に覆われた景信山山頂で隊士のポーズを取るファンら
霧に覆われた景信山山頂で隊士のポーズを取るファンら

 12月上旬、八王子市の景信山登山口から山道を約1時間半かけて登り、頂上へ。山頂標識そばで、東京都新宿区の自営業大村拓己さん(36)が友人と隊士のポーズを決めて写真を撮っていた。

 晴天なら横浜ランドマークタワーまで見渡せるが、この日はあいにくの霧。だが、登山慣れしている大村さんは逆に、「無一郎君が育った山を想像させて興奮する。霧の中でカラスの鳴き声も聞こえ、(作中で隊士に伝令を伝える役割のカラス)『鎹鴉かすがいがらす』に会えたみたい」と喜んだ。

 同作品は、2016年に「週刊少年ジャンプ」で連載開始。人気上昇とともに、ファンが、公式ファンブックで設定された場所のほか、作中のシーンに似ている場所をゆかりの地として扱い始めた。景信山もそうだ。

 山頂で茶店を経営する青木茂さん(60)は「遠方の人も来て、鬼滅人気はすごい。映画公開後はさらに2割ほど増えた」。関連グッズを置くと次々と売れたという。

 “聖地”は県周辺にも。隊士の嘴平伊之助はしびらいのすけが育った設定の大岳山(1266メートル、東京都檜原村)の登山口は、景信山登山口から車で1時間強の距離だ。そこから車で15分ほどの日の出山(902メートル、東京都日の出町)は、「岩柱」の悲鳴嶼行冥ひめじまぎょうめいが暮らしたとされる。

 注目度が高いのが、都、埼玉、山梨県にまたがる雲取山(2017メートル)だ。炭治郎や禰豆子の出身地とされる。作品の冒頭のシーンの舞台と見なされて人気だが、この山は、初心者が準備なしに登れば遭難の可能性もあるという。

 景信山を管轄する相模原市観光協会の担当者も「軽装の初心者っぽい人もいる。せっかくの機会なので、しっかり事前準備して安全に楽しんで」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1737374 0 社会 2020/12/29 14:39:00 2020/12/29 14:56:54 2020/12/29 14:56:54 霧に覆われた景信山の山頂に到達し、「鬼滅」の世界に興奮するファンら https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201228-OYT1I50131-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)