読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高校でクラスター14人感染、発生前に全校生徒参加のイベント

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 青森県は28日、弘前保健所管内の県立高校で新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生したと発表した。この高校に通う生徒など、関係者14人の陽性が明らかになっており、県内の教育機関では初めてのクラスターとなった。

 28日にこの高校の生徒9人の感染が確認された。この高校では、すでに生徒4人と関係者1人の感染が明らかになっている。うち複数の生徒が同じクラスや部活動に所属しているという。

 この高校は24日から冬季休業に入っている。県は生徒ら約100人の検査に着手したが、検査対象はさらに拡大する見通し。感染経路は明らかになっていない。

 県教育委員会によると、この高校ではクラスター発生前、全校生徒が参加する球技イベントや終業式での合唱が行われていた。

 和嶋延寿教育長は、28日の記者会見で「感染防止対策が十分ではなかったと考えられる」と述べ、各校の対策が徹底されているか点検する考えを示した。

 また、28日には八戸市居住の70歳代男性の感染も確認された。県内で確認された累計感染者は438人となった。

無断転載・複製を禁じます
1737337 0 社会 2020/12/29 13:35:00 2020/12/29 14:08:51 2020/12/29 14:08:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)