読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

帰省本格化でも新幹線ホーム閑散…客は「昨年の2~3割」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 年末年始を古里や行楽地で過ごす人たちの帰省ラッシュが30日、青森県内でも本格化した。ただ、新型コロナウイルスの影響で青森市の新青森駅の新幹線ホームは閑散としていた。

閑散とした新幹線下りホーム(30日、青森市の新青森駅で)
閑散とした新幹線下りホーム(30日、青森市の新青森駅で)

 JR東日本青森支店によると、下り新幹線の年末のピークとなるこの日、午後4時現在で乗車率が最も高かったのは、午後1時20分東京発新函館北斗行きの「はやぶさ25号」(全車指定席)で60%だった。駅員は「昨年の2~3割くらいしか客がいない」と驚いていた。

 息子2人と五所川原市の実家に帰省した埼玉県、会社員の女性(44)は「お盆もゴールデンウィークもコロナで帰れなかった。消毒とマスクなどの対策を徹底して楽しみたい」と話した。

 今月25日~1月5日、東北・北海道新幹線(新青森、新函館北斗駅発着)の指定席は上下線合わせて45万8000席が予約可能だが、予約は9日現在で前年同期比56・4%減となる11万席にとどまる。上りのUターンラッシュは3日にピークを迎える見通し。

無断転載・複製を禁じます
1740048 0 社会 2020/12/31 09:52:00 2020/12/31 09:52:00 2020/12/31 09:52:00 例年より大幅に人の少ない新青森駅の新幹線下りホーム(30日午前11時18分、青森市で)=糸魚川千尋撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201230-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)