天皇陛下「希望を持って歩んでいく年に」…国民に新年のメッセージ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 天皇陛下は1日付で、新年に当たって国民向けのビデオメッセージを公表し、コロナ禍の難局で迎えた新年について「皆さんにとって希望を持って歩んでいく年になることを願います」と語られた。今の陛下が国民向けにビデオメッセージを出されるのは初めて。

自動車8社の5月国内生産、部品不足で10か月連続マイナス…トヨタは28%減
国民向けの新年ビデオメッセージの収録に臨まれる天皇、皇后両陛下(2020年12月28日、東京都港区の赤坂御所で)=宮内庁提供
国民向けの新年ビデオメッセージの収録に臨まれる天皇、皇后両陛下(2020年12月28日、東京都港区の赤坂御所で)=宮内庁提供

 天皇は毎年1月2日に皇居で行われる新年一般参賀で新年のあいさつをしてきた。今年は新型コロナウイルスの影響で参賀が中止となったため、それに代わるお言葉として出された。

 メッセージは昨年12月28日に収録され、長さは6分45秒。陛下はコロナで家族を亡くした遺族に心を寄せ、失業など困難な状況にある人を心配された。医療従事者に敬意と感謝を示す一方で、感染者らへの差別や偏見の問題を案じられた。

 人類はこれまで疫病や自然災害に見舞われる度に団結力と忍耐で乗り越えてきたと指摘。「安心して暮らせる日が必ずや遠くない将来に来ることを信じ、皆が思いやりを持って助け合いながら進んでいくことを心から願っています」と述べられた。収録には皇后さまも同席された。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「皇室」の最新記事一覧
1741131 0 皇室 2021/01/01 05:30:00 2021/06/23 16:10:08 2021/06/23 16:10:08 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201231-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)