読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

都幹部「市中感染拡大の恐れ」…新規感染1000人超えで経路不明69%

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新規感染者が初めて1000人を超えた東京都では、感染経路を特定できない人が増えている。31日は69%を占め、都幹部は「市中感染がさらに拡大する恐れがある」と警戒を強める。

東京都庁
東京都庁

 都によると、12月14日までの1週間平均の新規感染者に占める感染経路不明者の割合は56%だったが、21日時点では59%、28日時点では62%に増加した。30日に開かれた都のモニタリング(監視)会議では、専門家から、このままの増加ペースが続けば、1月末には1日に1500人超の感染経路不明者が出るとの見通しが示された。

 感染経路不明者が増えている背景には、経路の特定を担う保健所が「新規感染者の急増で作業が追いついていない」(都幹部)という面もある。新規感染者の中には、年末年始に帰省を予定し、自費検査を受けて陽性が判明した無症状の人も多いと指摘される。こうした自覚症状のない人が感染を広げているとみられ、都内の医療機関や高齢者施設ではクラスター(感染集団)が散発する。

 都医師会関係者は「年末年始に無症状の感染者が移動することで、感染拡大を加速させなければ良いのだが」と焦りを募らせている。

無断転載・複製を禁じます
1741600 0 社会 2021/01/01 12:28:00 2021/01/01 13:08:03 2021/01/01 13:08:03 新型コロナ。東京都庁。東京・新宿区で。2020年7月15日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210101-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)