東京都、飲食店に「夜8時まで」の時短要請へ…3連休前から

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都は、新型コロナウイルス対策で飲食店などを対象に行っている営業時間の短縮要請を強化する方針を固めた。現在、午後10時までとしている営業時間を、午後8時までとする。9日からの3連休前の実施を念頭に、首都圏の埼玉、千葉、神奈川3県とも歩調を合わせる方向で調整している。

山形県で新たに1643人コロナ感染…6日ぶりに最多更新
東京都庁
東京都庁

 1都3県の知事は2日、西村経済再生相と面会し、新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を再発令するよう要請。西村氏は、時短要請の強化を各知事に要望していた。

 都は今月11日まで、23区と多摩地域の酒類を提供する飲食店とカラオケ店を対象に時短を要請している。都は要請の強化により、閉店時間を早めることに加え、酒類の提供も午後7時までとする方針だ。要請の期間を延長し、12日以降は対象を酒類の提供有無にかかわらず飲食店全般に拡大することも検討している。要請に応じた場合に支払う協力金の額や要請期間などについて、最終調整を進めている。

 東京では3日、日曜日としては過去最多の816人の新規感染者を確認するなど、感染状況は深刻化している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1745299 0 社会 2021/01/04 05:00:00 2021/01/04 09:23:55 2021/01/04 09:23:55 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210104-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)