読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

交通事故死、初めて3000人下回る…東京が53年ぶり全国ワースト

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 警察庁は4日、昨年の全国の交通事故死者数は2839人で、前年の3215人から376人(11・7%)減少し、統計が残る1948年以降、初めて3000人を下回ったと発表した。各地の警察が進める安全対策などのほか、新型コロナウイルスの感染拡大で外出を控える人が多かったことも影響したとみられ、警察庁が分析を進めている。

都内、オートバイ事故の死亡急増

警察庁
警察庁

 警察庁によると、全国の交通事故死者数は4年連続で過去最少を更新した。人口10万人あたりの死者数も前年比0・29人減の2・25人で、5年連続で過去最少となった。65歳以上の死者は1596人(速報値)で、前年より186人(10・4%)減ったが、全体に占める割合は56・2%で過去最高だった。

 都道府県別では、11都県で死者が増えた。東京が前年比22人増の155人で最も多く、53年ぶりに全国ワーストになった。都内ではオートバイ(原付きバイクを含む)運転中の死亡事故が12人増の40人と急増しており、新型コロナの影響で、混雑する電車やバスの代わりに利用する人が増えたことも影響したとみられる。

 次いで愛知が154人、北海道が144人、神奈川が140人。死者が最も少なかったのは鳥取の17人で、和歌山、島根が18人と続いた。人口10万人あたりでは香川が最多の6・17人。最少は東京の1・11人だった。

 交通事故件数(速報値)も大幅に減り、前年比18・9%減の30万9000件。負傷者(同)も同20・2%減の36万8601人だった。コロナ禍で交通量が減少した影響もあるとみられる。

 交通事故死者は、「第1次交通戦争」と呼ばれた1970年に過去最悪の1万6765人を記録。96年に1万人を下回って以降、減少傾向が続いていた。

無断転載・複製を禁じます
1746738 0 社会 2021/01/04 19:50:00 2021/01/04 22:01:05 2021/01/04 22:01:05 警察庁、国家公安委員会。2020年11月14日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210104-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)