読売新聞オンライン

メニュー

15人以上の懇親会と2次会参加、警視庁の署長がコロナ感染

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

警視庁
警視庁

 警視庁は6日、出席者が15人以上の懇親会と2次会に参加した尾久署(東京都荒川区)の大野良治署長(60)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同庁は当時、飲酒を伴う会合は4人までとし、2次会は控えるなどとする内部通達を出しており、事実確認を進めている。

 警視庁幹部によると、署長は先月28日、部下の交通課長ら3人と、荒川区の飲食店で開かれた交通安全協会との懇親会に出席し、2次会にも参加した。年明けに発熱し、PCR検査で陽性と判明した。交通課長も感染していた。

無断転載・複製を禁じます
1751683 0 社会 2021/01/06 17:40:00 2021/01/06 19:09:19 2021/01/06 19:09:19 警視庁。東京都千代田区霞が関で。2020年11月1日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210106-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)