読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ感染の警察取り扱い遺体、12月は56人…4月の2・6倍

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全国の警察が昨年3月以降に取り扱った遺体のうち、先月末時点で24都道府県で計122人が新型コロナウイルスに感染していたことが警察庁のまとめでわかった。月別では12月が56人と最も多く、4月(21人)の約2・6倍となった。

 地域別では東京が最多の36人。次いで大阪が25人、兵庫が11人、神奈川が9人、埼玉が7人だった。

 12月の56人のうち、50人は自宅や高齢者施設、療養先のホテルなどで体調が悪化して死亡し、残りの6人は路上などの外出先で倒れていた。生前にPCR検査で陽性と判明していたのは18人で、38人は死後に感染が分かった。

無断転載・複製を禁じます
1751858 0 社会 2021/01/06 19:51:00 2021/01/06 21:19:20 2021/01/06 21:19:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)