読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

同じコンビニ、詐欺被害防いだのは7回目…通話しながら電子マネー30万円購入にピンときて

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長崎県警対馬南署は特殊詐欺被害を未然に防いだとして、同県対馬市厳原町大手橋の「ファミリーマート対馬厳原大手橋店」従業員中島幸子さん(40)に感謝状を贈った。同店による被害防止は2017年2月以降で7回目で、被害を防いだ金額は計約75万円に上るという。

森田署長(左)から感謝状を贈られる中島さん
森田署長(左)から感謝状を贈られる中島さん

 同署などによると、中島さんは昨年12月11日、60歳代の女性客が携帯電話で通話しながら30万円分の電子マネーを購入しようとしたことを不審に思い、「詐欺かもわかりませんよ」と説得。その後の警察の捜査で特殊詐欺と判明した。

 同23日に同署で行われた贈呈式で、森田明彦署長は「機転と迅速な対応が救った」とたたえた。中島さんは「今後も役に立ちたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1756796 0 社会 2021/01/08 17:26:00 2021/01/08 17:57:02 2021/01/08 17:57:02 森田署長(左)から感謝状を受ける中島さん https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210106-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)