読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高知城天守に27か所の傷、くぎで彫る?…クリスマスの犯行か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高知市の高知城(重要文化財)で、くぎなどを使って彫られたとみられる傷が多数見つかり、管理する県が高知署に被害を届けた6日、高知県や県警は現場の被害状況を確認した。

天守最上階で見つかった傷(高知市で)
天守最上階で見つかった傷(高知市で)

 県教委文化財課によると、昨年12月25日午後5時20分頃、巡回中の警備員が天守3階と6階で発見。5階を除く全階と天守とつながる懐徳館、東多聞など計27か所で見つかった。長さ約10~30センチの線状のものが多いという。前日の巡回では見つかっておらず、25日の開館中(午前9時~午後5時)の犯行の可能性が高い。

 25日の入館者は200人を超えており、天守内には監視カメラは設けられていないことから、調査が難航する恐れもあるという。

 同課の樋口裕也チーフは「これほど多くの傷が見つかった例はない。修復や取り換えることは難しく、無残な姿が後世まで残ることになる」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1754709 0 社会 2021/01/07 21:07:00 2021/01/07 21:07:00 2021/01/07 21:07:00 天守で見つかった傷痕(高知市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210107-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)