読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

成人式、祝いたくても中止・延期「一生に一度の記念日なのに」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

成人式の中止を知らせるはがきの確認作業に追われる職員(6日午後、東京都千代田区で)=守谷遼平撮影
成人式の中止を知らせるはがきの確認作業に追われる職員(6日午後、東京都千代田区で)=守谷遼平撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で2度目の緊急事態宣言が発令される見通しとなり、成人式の中止や延期の動きが広がっている。開催に踏み切る自治体では、車中からの参加や、会場を屋外に変更するなど、感染防止に知恵を絞る。

ネット配信に切り替え

 「一生に一度の記念の日になるはずだったのに、残念だ」。東京都千代田区の担当者は話す。

 千代田区では、11日の成人の日に、区内のホテルを会場に式を開く予定で準備を進めていた。しかし、東京をはじめ首都圏1都3県に緊急事態宣言が発令されることになり、急きょ、会場に集まって大人数で行う式の中止を決定。6日午後、新成人約400人に中止を知らせるはがきを発送した。

 東京23区では、千代田区をはじめ中央区や大田区など計16区が会場に集まって開く式を取りやめ、インターネット配信などに切り替える。2年前に振り袖を購入し、式を楽しみに髪を伸ばすなどしてきた板橋区の女性(20)は「卒業以来会えていない高校の同級生に再会して、一緒に振り袖の写真を撮りたかった」と落胆する。

 例年約1万人の新成人が参加するさいたま市も5日、さいたまスーパーアリーナ(中央区)で予定していた式をオンラインで開催すると発表。新成人代表の大学2年、男性(20)は「友人や親、親族に大舞台に立つ自分の姿を会場で見てもらいたかった」と残念がる。

 緊急事態宣言の対象とならない自治体も、開催をためらう。水戸市は6日、屋外競技場で10日に予定していた成人式の延期を決めた。市教育委員会の担当者は「帰省して友人と会うことなどにより、感染が広がることへの懸念もあった」と説明する。

残り:474文字/全文:1302文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1753560 0 社会 2021/01/07 12:50:00 2021/01/07 13:10:50 2021/01/07 13:10:50 成人式の中止を知らせるはがきを確認する区の職員(6日午後3時1分、東京都千代田区で)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210107-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)