読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

玄ソバを極寒の滝つぼに1週間…寒ざらし作業「甘みと風味増す」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

八溝産の玄ソバを白滝の滝つぼに入れ込む協議会のメンバーたち
八溝産の玄ソバを白滝の滝つぼに入れ込む協議会のメンバーたち

 栃木県那須烏山市、那珂川町、茂木町などのソバ生産者やそば店主らでつくる「八溝そば街道推進協議会」(会長=国井豊・那須烏山市副市長)は7日、寒ざらしそばを作るため、同県日光市川治温泉高原の白滝で玄ソバを冷水に浸す作業を行った。

 厳しい冷え込みの中で作業を開始。八溝地域で昨秋に収穫された新ソバ約3・5トンを袋に小分けし、滝つぼに入れ込んだ。1週間後の14日に引き上げるという。玄ソバを冷水にさらすと甘みや風味が増すことから、毎年この時期に実施。引き上げたソバは夏まで熟成させ、同協議会の加盟店で提供される。

 茂木町のソバ生産者、広木孝一さん(71)は「今季のソバは良質。寒ざらしそばの出来が楽しみ」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1755316 0 社会 2021/01/08 07:11:00 2021/01/08 07:11:00 2021/01/08 07:11:00 八溝産の玄ソバを白滝の滝つぼに入れ込む協議会のメンバーたち(7日、日光市川治温泉高原で)=小堀日出春撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210107-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)