読売新聞オンライン

メニュー

大阪・兵庫・京都、緊急事態発令を政府に要請へ…3知事が連携強化を確認

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪、兵庫、京都の3府県は9日午後、新型コロナウイルス感染拡大を受け、新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を政府に要請する。3府県の知事が西村経済再生相とオンラインで会談して要請する予定だ。一方、1都3県への宣言再発令後、初の週末を迎えた首都圏の観光地では、閑散とした光景が広がった。

オンライン会議で兵庫県の井戸知事、京都府の西脇知事と意見交換する大阪府の吉村知事(9日、大阪府庁で)
オンライン会議で兵庫県の井戸知事、京都府の西脇知事と意見交換する大阪府の吉村知事(9日、大阪府庁で)

 大阪府の吉村洋文、兵庫県の井戸敏三、京都府の西脇隆俊の3知事は要請に先立ち、9日午前にオンラインで会談、感染抑止に向けて連携を強化していくことを改めて確認した。

 8日の3府県の新規感染者数は大阪654人、兵庫297人、京都147人といずれも過去最多となっており、吉村知事は「首都圏で起きていることが、関西圏でも起きるという危機感を持って対応しなければならない」と強調した。

 井戸知事は「兵庫も時短要請を始める。3府県で足並みをそろえて一体的に取り組みたい」と応じ、西脇知事は「京都も連日過去最多を更新し、医療の逼迫ひっぱくを懸念している。歩調を合わせていく」と語った。

 宣言が発令されると、3府県では昨春に続き2度目となる。首都圏1都3県と同様、飲食店などを対象に営業時間を午後8時までに短縮するよう求める政府の基本的対処方針が適用される見通しで、住民には午後8時以降の不要不急の外出自粛徹底、企業にテレワークの一層の推進を求める。

 一方、首都圏では3連休の初日にもかかわらず、行楽客の姿はまばら。東京都墨田区の東京スカイツリーも訪れる人は少なかった。

無断転載・複製を禁じます
1758541 0 社会 2021/01/09 13:23:00 2021/01/09 13:23:00 2021/01/09 13:23:00 オンライン会議で兵庫県の井戸知事、京都府の西脇知事と意見交換する大阪府の吉村知事(9日、大阪府庁で)=山本美菜子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210109-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)