読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

緊急事態宣言直後の週末人出、「前回」より減少せず…都内繁華街は3~4割減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

首都圏4都県に緊急事態宣言が再発令されて最初の土曜日。渋谷駅前の交差点を行き交う大勢の人たち(9日午前11時35分、東京都渋谷区で)=高橋美帆撮影
首都圏4都県に緊急事態宣言が再発令されて最初の土曜日。渋谷駅前の交差点を行き交う大勢の人たち(9日午前11時35分、東京都渋谷区で)=高橋美帆撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が再発令されて初の土曜日となった東京、埼玉、千葉、神奈川の9日正午時点の人出は、前回の緊急事態宣言直後の土曜日(昨年4月11日)より多かったことが、スマートフォンなどの位置情報から滞在人口を推計するNTTドコモの「モバイル空間統計」のデータでわかった。今回の宣言でも「不要不急の外出自粛」が呼びかけられているが、前回より効果は限定的となっている。

 東京都内の新宿、銀座、渋谷センター街や、周辺3県の主要駅(横浜、千葉、大宮)周辺の正午時点の人出について、感染拡大前の土曜日(昨年1月11日)と比較した。

 銀座、渋谷、新宿では、前回宣言時はいずれも感染拡大前より人出が7割前後減少していたが、9日は3割台の減少にとどまった。横浜、千葉、大宮各駅でも、前回の減少幅は6~7割に上ったのに、9日は1~3割しか減らなかった。

 一方、スマホの位置情報を利用するソフトバンク系のIT企業「アグープ」のデータを分析すると、宣言初日の8日、午後8時以降の人出は、前日の7日と比べて渋谷センター街で2~3割、新宿・歌舞伎町でも1~2割減っていた。ただ、昨年4月の宣言後の平日と比べれば、いずれの場所も人出は増えていた。

無断転載・複製を禁じます
1758906 0 社会 2021/01/09 18:57:00 2021/01/09 21:58:48 2021/01/09 21:58:48 緊急事態宣言再発令後最初の土曜日、渋谷のスクランブル交差点を歩く人たち(9日午前11時35分、東京都渋谷区で)=高橋美帆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210109-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)