読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「福男選び」中止、静かにゆっくり参拝…西宮神社の本えびす

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 商売繁盛などを祈願する「本えびす」の10日、えびす神社の総本社・西宮神社(兵庫県西宮市)では、参拝一番乗りを競う恒例行事「福男選び」が新型コロナウイルスの影響で中止となり、早朝に表大門を開ける「開門神事」のみが行われた。参拝者は、過去に福男に選ばれた人たちの先導で参道をゆっくりと歩き、静かにお参りした。

「福男選び」が中止となり、参拝者を先導しながらゆっくりと歩いて本殿へ向かう「開門神事講社」のメンバーら(10日午前6時、兵庫県西宮市の西宮神社で)=前田尚紀撮影
「福男選び」が中止となり、参拝者を先導しながらゆっくりと歩いて本殿へ向かう「開門神事講社」のメンバーら(10日午前6時、兵庫県西宮市の西宮神社で)=前田尚紀撮影

 江戸時代から続く福男選びは、参拝者が門から本殿まで参道約230メートルを走り、上位3人がその年の「福男」になる。例年約5000人が参加するが、今年は感染拡大を受けて中止された。

 午前6時、過去の福男らでつくる「開門神事講社」代表の平尾亮さん(44)の「開門」のかけ声で門が開き、参拝者約500人を平尾さんらが本殿まで導いた。午前3時から並んだという神戸市中央区の男性医師(62)は「コロナの収束を願いながら、厳粛な気持ちで一歩一歩を踏みしめてお参りしました」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
1761557 0 社会 2021/01/11 00:20:00 2021/01/11 00:20:00 2021/01/11 00:20:00 「福男選び」が中止となり、ゆっくりと歩いて本殿へ向かう「開門神事講社」のメンバーら(10日午前6時、兵庫県西宮市の西宮神社で)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210111-OYT1I50002-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)