「この人泥棒」の声聞いたバス運転手、走行しながら無線で会社に連絡…30分後に署員が確保

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 バス車内に逃げ込んできた窃盗犯の逮捕に貢献したとして、兵庫県警垂水署は、山陽バス(神戸市垂水区)の船引章史運転手(40)に感謝状を贈った。

 同署によると、昨年10月28日午後1時頃、神戸市垂水区の中古車販売店で、カーナビを盗んだ男が、船引さんの運転する高速バスに乗り込んだ。

 直前に「この人泥棒」という声を聞いていた船引さんは、平静を装ってバスをそのまま運行する一方、無線で会社に状況を伝えた。男は約30分後、先回りした署員に確保された。

 岩野一義署長から感謝状を受け取った船引さんは「犯人かどうか迷ってバスを走らせていたが、連絡を怠らなかったことがよかった」と話していた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
1767853 0 社会 2021/01/13 17:20:00 2021/01/13 18:23:16 2021/01/13 18:23:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)