読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

架線から雪の塊落下、列車の窓ガラス割れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山形県は14日、除雪作業中の転倒や雪下ろし作業中の屋根からの転落など、今冬の雪による人的被害が13日までに117人に達したと発表した。県防災危機管理課によると、死者はうち8人で、被害者数も死者数も同時期では過去10年で最も多いという。

 一方、JR東日本山形支店によると、14日午前10時半頃、JR奥羽線の新庄駅―舟形駅間で、新庄発山形行き普通列車(2両編成)に、架線から雪の塊が落下し、車両の窓ガラス1枚が割れた。乗員乗客約25人にけがはなく、後続の列車に乗り換えた。山形新幹線の上下線計6本が運休や区間運休となった。

 7日から運休していた米坂線の坂町駅―今泉駅間は14日、運転を再開。大雪による県内の計画運休区間は全て解消された。

 15日は県内全域が高気圧に覆われ、日中は各地で晴れる見込み。

無断転載・複製を禁じます
1773494 0 社会 2021/01/15 21:02:00 2021/01/15 21:02:00 2021/01/15 21:02:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)